スポンサーリンク
介護職の実態

介護業界におけるスタッフ同士の【派閥問題】。施設内の雰囲気の悪さは利用者にも伝わることを意識して下さい。

真剣に考えているからこそ、考え方の違いや方向性の違いに対して引けないところもあります。反面、ただ気に入らないからと相手を陥れようと陰口を言って派閥を作ろうとしている人がいるのも残念な事実。派閥に加わらないことや考え方のポイントを解説します。
2022.01.24
手助け商品

介護が必要となった人が頼るベッドが【介護用ベッド】。安全性や寝心地、使い勝手は選ぶポイントとなります。

介護用ベッドは介護保険を利用してレンタルする場合、要介護2以上の人が借りる事ができる福祉用具。主に中重度者の人が使用するケースが多く、寝たきりの人は1日過ごす場所となるので、寝心地や使い勝手に関して、利用者に適合した物を選ぶ必要があります。
2022.01.06
介護職の実態

介護業務をする上で【記録】を付けることは欠かせません。万が一の際のエビデンスとしても重要です。

介護サービスを提供している上で、提供した事実として記録を必ず残しておかないといけません。また、スタッフ間での情報共有をする為にもなくてはならないツールとなります。多忙であろうと、出来るだけ早く時間を割き、必要事項を記載する癖を付けましょう。
2022.07.13
介護職の実態

家族等から【クレーム】があった時の対応によっては、その後の関係に大きく影響されます。心得ておきたい対応とは。

クレームは『期待と認識とのギャップ』に対して生まれます。クレームを変にネガティブな事だと決めつけず、前向きに捉えて下さい。利用者や家族等の目線としての言葉を真摯に受け止め、介護サービスの質の向上や業務改善に役立てましょう。誠意は伝わります。
2022.01.06
介護職の実態

介護施設におけるKYT【危険予知トレーニング】。キケンを察知する判断能力は重要です!

転倒、転落、誤嚥、火傷・・介護の場面によって危険も。今までは運よく、たまたま事故に繋がっていないだけかもしれません。KYTを繰り返し行う事で、事前に危険を察知するスキルが上がることが期待できます。事故を防ぎ、安心できる時間を提供しましょう。
2022.01.24
労働に関する事

介護業界にも上司や家族からの【ハラスメント問題】はある。知っておきたい知識を解説します。

パワハラ、セクハラ、マタハラ・・そのもたらす影響は大きいです。組織の士気が下がり、退職者も続々と。上司・部下、先輩・後輩の関係性だけでなく、利用者や家族から受けるハラスメントへの対策も必要となります。ハラスメントへの共通認識を持ちましょう。
2022.02.13
介護職の実態

毎日のことだから、安全に食べたい。【食事介助】の注意点と補助商品を紹介します。

食事を摂る事は生命維持にとっても重要な時間です。しかし、高齢になると食事による誤嚥性肺炎や窒息など、危険に繋がるケースも少なくありません。安全に配慮したうえで、食事介助を行わなくてはいけません。ポジショニング等、ポイントを再確認しましょう。
2022.01.06
介護職の実態

介護の仕事をする上で【個人情報】の使用には十分に配慮する必要があります。気を付けたいポイントを解説します。

介護サービスを提供している事業所は、多くの個人情報を取り扱います。利用者だけではなく、家族も働いているスタッフだって関係します。同意書は正しく作成し、同意の際は本人・家族から文章で得ておく必要があります。信用をなくさない為にも要注意ですね。
2022.01.06
介護職の実態

「やめてっ!」その言葉、身体拘束になっていませんか?言葉かけ一つでも拘束になるかも⁉【スピーチロック】を解説。

介護の世界では身体拘束を原則禁じています。言葉による拘束【スピーチロック】も含まれます。介護の仕事をしていると、忙しさや気持ちのゆとりがない中で、無意識的にスピーチロックをしている人も少なくないのではと感じます。意識することで拘束を予防。
2022.01.06
高齢者のリアル

【介護保険料】を滞納した場合、行政からどのような処分を受けるのでしょうか?解説します。

介護保険制度は国民で支える仕組みです。介護保険料は、国民健康保険料同様に納めなくてはいけません。40歳を超えたら、納付義務となります。万が一忘れてしまった場合には、1年、1年半、2年・・と罰則が重くなっていきますので、十分に注意が必要です。
2022.01.06
社会資源

身寄りがない、物忘れが増えた・・そんな心配事に心強い制度。【成年後見制度】について解説します。

成年後見制度は、認知症などにより判断能力が低下した人への支援制度です。認知症の人は今後も増加傾向にあります。本人の気持ちを大切にして生活や財産を守りサポートしていきます。将来の認知症や判断力低下に不安な人には、任意後見制度の活用も有効です。
2022.01.25
介護職の実態

介護サービス利用中に起こりうる【転倒・転落事故】。事故を減らすための防止対策のポイントを解説。

高齢者を預かる介護の現場において、転倒事故は切っても切り離せない問題。ちょっとした不注意やちょっとした隙に転んでしまった・・そんな苦い経験もあるかもしれません。転倒事故は防げる場合と、不可抗力の事故もあります。ケアチームで対策をしましょう。
2022.06.03
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました